ドンドンダウンChoco Choco Down on Wednesday


2/7 天然繊維のお手入れ ~ダウン・フェザー~

こんにちは。
寒い日の外出に重宝する「ダウンジャケット」!
皆様お持ちですか?

ダウンは非常に軽く暖かい素材なので一着もっておくと冬場は大助かりです!
鳥の羽には「ダウン」「フェザー」があり、衣類ではこの2種類の割合を上手く調節することによって、見た目や暖かさのバランスを取っています。

どっちも鳥の羽じゃん!っていうことですが、一体違いは何なのか、ご説明していきますね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

1.【ダウンとフェザーの違い】

まずダウンやフェザーは、基本的にガチョウ(グース)や家鴨(ダック)などの水鳥から採取されます。

ダウンとは「羽毛」のことで、水鳥の胸に生えている毛のことを言います。

画像の様にタンポポの綿毛のような形をしており、軽くて暖かく、吸湿性、発散性もあります。一匹からとれる量は多くなく、貴重な素材と言えるでしょう。

対して、フェザーは「羽根」のことを指します。

「鳥の羽」と言われたらまずはこちらを皆さん思い浮かべるのではないでしょうか。
フェザーには通気性弾力性があり、また羽軸があるので形が崩れにくいという特徴があります。

フェザーは大きさによって「ラージフェザー」「スモールフェザー」に分類され、6.5cm以下がスモールフェザー、それ以上のものがラージフェザーと呼ばれます。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2.【お手入れ方法】

家庭で洗濯する場合、まずは家庭で洗えるのか、洗濯表示を確認しましょう。
「水洗い可」の表示があればOKです!

注意すべき点としては、羽毛はアルカリ性に弱い為、中性の「お洒落着用洗剤」を使用しましょう。
すすぎの際も手による押しすすぎでしっかりと!
脱水は洗濯機が回り始めてから30秒ほどで止めるか「ドライコース」があるならそちらを使いましょう。

あとは乾燥させる際に、“風通しの良い場所で陰干し”にします。
乾ききるまでには時間がかかり、2~3日はかかるでしょう。乾いたと思っても念のため、もう1日干しておくと安心です。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

【まとめ】

本日のまとめはコチラ
●ダウンは暖かさ、フェザーは通気性や型崩れ防止に役立っている
●家庭で洗濯する際には、洗えるのかまず確認!
●洗う際は優しく手洗いや、中性のお洒落着用洗剤を使う

ダウン・フェザーはアウターのみならず!
布団やクッションにも使用されていて、暖かくて柔らかい…
冬場は羽毛布団に入ったらもう起きられません!!!

ダウン製品は、ダウンの割合が高いほど暖かくなりますが、ダウン70%・フェザー30%くらいの割合であれば、十分暖かさを感じられるそうですよ。
今後の商品選びの参考どうぞ♪

本日もここまで読んで頂き、ありがとうございました。

★☆★今までの記事★☆★
「洗濯表示シリーズ」についてはコチラの記事のリンクから↓
【第8回】『新・洗濯表示』~タンブル乾燥処理編~

「衣類の繊維とケア方法シリーズ」↓
【第9回】『衣類の繊維』種類と特徴
【第10回】天然繊維のお手入れ ~綿~
【第11回】天然繊維のお手入れ ~麻~
【第12回】天然繊維のお手入れ ~ウール・カシミヤ・モヘア~
【第13回】天然繊維のお手入れ ~アルパカ・ビキューナ~
【第14回】天然繊維のお手入れ ~アンゴラ・キャメル~

choco_online
↑オンラインストアをチェック↑

choco_coodisnap
↑↑ファッションスナップコーディネートアプリ【CoodiSnap】に投稿しています♪↑↑