ドンドンダウンChoco Choco Down on Wednesday


1/4 アパレル豆知識vol.10『ガウチョパンツとワイドパンツの違い』



こんにちは。
皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか?
そろそろ始まる塾や会社もありますよね!新年もオシャレして楽しく過ごしましょう!

本日取り上げるのは、月曜火曜に紹介した商品の「ガウチョパンツ」
こちらは幅のあるパンツですが、もう一つ、似たようなもので「ワイドパンツ」と呼ばれるボトムスもありますよね。
どっちも一緒でしょ~?!と言いたくなりますが、呼び方が違うのにはちょっとした違いがあるんです。

ということで、今回は【ガウチョパンツとワイドパンツの違い】についてご紹介してみたいと思います。

ガウチョとワイド。どちらもゆったりしたシルエットが可愛いアイテムです。
呼び方が違うんだから別物じゃないの?と思いますが、種類的には実は「一緒」!

そもそもワイドパンツとは、幅の広いズボンの総称です。

なのでガウチョも「種類」で言えばワイドパンツという事になります。

—————————

【分けて呼ばれるポイントは?】

じゃあなんで別物のように分けて呼ばれているの、という所ですよね。
それにはちょっとした「丈の長さ」「形」の違いが関係しています。

≪ガウチョパンツ≫

まず、ガウチョパンツとは「裾に向かって広がっている、ひざ下~7分丈のズボン」のことです。
丈の長さで種類があり、
・5分丈→ショートガウチョ
・7分丈→ミモレガウチョ
・9分丈→ロングガウチョ
と呼ばれます。

そもそもガウチョパンツとは、南米のカウボーイがきている7分丈のワイドパンツのこと。
カジュアル感の強いものでしたが、現在ではしなやかな生地を使い、スカートにもみえる様なエレガントさがあります。

中でも特にスカートの様に見えるシルエットのガウチョを「スカーチョ」と呼びます。

≪ワイドパンツ≫

一方、ワイドパンツと呼ばれるアイテムの特徴は「くるぶし丈の女性用で、太もも部分にゆとりをもたせた、比較的ストレートでゆったりしたズボン」をそう呼ぶことが多いです。

こちらにもスカートに見えるようなシルエットのアイテムがあり、「スカンツ」と呼ばれます。

—————————

【ガウチョ、ワイドパンツの冬コーデ】

ガウチョやワイドパンツはくるぶしが見えるのも可愛いですが、冬コーデのポイントとしては、黒タイツに黒の靴で合わせると脚長効果があるのでオススメです。厚め素材のものだと季節感もでていいですね!

アウターと合わせる際には、コンパクトなショート丈と合わせるとGood!
Gジャンやライダースとも合います。

また、ロングコートひざ丈のコートと合わせるとキレイめスタイルになりますし、スリムなシルエットのものを選ぶとボリュームが抑えられて、スッキリ見えますよ!

以上、今回はガウチョパンツとワイドパンツの違いについてでした!
ここまで読んで頂きありがとうございました。

choco_online
↑オンラインストアをチェック↑

choco_coodisnap
↑↑ファッションスナップコーディネートアプリ【CoodiSnap】に投稿しています♪↑↑