ドンドンダウンChoco Choco Down on Wednesday


12/7 アパレル豆知識vol.6『万能カラー:グレーの効果と合わせ方』

こんにちは!

今週の月曜・火曜のブログではグレーのニットをご紹介しました!
その時にチラッと「グレーは万能カラーなんだよ~」みたいな事を書きましたが、本日はそんなファッションの万能カラーと言われる「グレー(灰)」について、
『グレーのメリット・デメリット』
『グレーの服を着ることによって与える印象』
『コーディネートの一例』

という、3つの項目でご紹介してみたいと思います!

1.【グレーのメリット・デメリット】

まず、グレーをファッションに取り入れた際のメリット、デメリットについてです。

『メリット』としては、
・どんな色とも馴染みやすい
・ビビットカラーのような強い色を和らげてくれる
・上品な印象を与える
・やわらかな引き締め効果が得られる

といった所でしょうか。

一方『デメリット』としては、
・使いすぎは野暮ったく見える
・主張が弱まる
・カジュアルなシーンでは少々暗めの印象を与える

などです。

カジュアルシーンでは暗めな印象になりますが、例えばフォーマルなシーンでグレーのスーツを着ている場合、紺や黒のスーツに比べ、逆に明るい印象を与えてくれる効果があるので、そのシーンや状況によって多少意味合いは変わってきます。

2.【私ってどう見えてる?グレーが人に与える印象】

グレーという色自体にも、人に何らかの印象を与える効果があります。
前述のメリット・デメリットと重複するような部分もありますが、グレーという色が人に与える心理効果としては、

・上品でお洒落な印象
・控えめで弱々しい印象
・落ち着いた雰囲気
・物事を受け入れやすくなる
・忍耐強くなる

といった効果があるそうです。
なので落ち着いた大人の女性を演出したい時、ビジネスで相手を立てたい時、人と落ち着いた話がしたい時などに役立つ色と言えます!
TVの謝罪会見等でグレーのスーツを着ている人もいますが、これはグレーが反省の意思を表す色でもあるからです。

3.【グレーを使ったコーディネート】

上記ではグレーの様々な効果についてご紹介しましたが、それを踏まえて実際にグレーを取り入れたコーデの例を見てみましょう!

モノトーンコーデでまとめるのが合わせやすいかもしれませんね。
外側にグレーを持ってくることで少しふわっとした印象になります。
もし、服の上下をグレーのワントーンで合わせる場合には、素材や色の濃さを変えると切り替えができて良いですよ!

濃いめの色を着る時にグレーのアイテムを取り入れると、その主張を弱めてくれます。着ている服の色が強いなと感じた際はグレーの上着を羽織ってみるなどしてみてはいかがでしょうか?

グレーは黒やネイビーのようなダークトーンのカラーとの相性が良いので、組み合わせに迷った時にオススメです!

○●○● まとめ ○●○●

いかがでしたか?本日はグレーという色についてご紹介しました。

カラーセラピーなどが存在するように、色は人の脳と心に働きかける効果を持っているため、着ている服で周りの人に与える印象も変わります。自分をより良く見せる為にも服装のカラーやコーディネートって大切なんです。
もちろん自分の好きな色の服を着るのが一番だと思いますが「こんな効果もあるんだな~」くらいに知っておくと今後どこかで役に立つかも知れませんね!

以上、ここまで読んで頂きありがとうございました!

choco_online
↑オンラインストアをチェック↑

choco_coodisnap
↑↑ファッションスナップコーディネートアプリ【CoodiSnap】に投稿しています♪↑↑